ウォーターサーバー電気代は高い?

大きな震災被害によって放射能汚染が問題視される現代において、ウォーターサーバーを家庭に取り入れる方が増えてきています。市販の水もそうですが、ウォーターサーバーの注文が殺到して手に入りにくい状態が続きました。

ウォーターサーバーが安心で便利だというのは分かっているのですが、気になるのは電気代です。夏や冬にはどうしても空調を付けることにより電力不足が問題視されます。暑い時期や寒い時期には特に節電が呼びかけられます。そんな中、ウォーターサーバーは24時間スイッチオンの状態にしておかなければならず、抵抗を感じてしまいますよね。いくら電気代が安くてコストを削減できると言われていても気になってしまいます。衛生面を考えるとオフにしておくことはお勧めできません。

スイッチを入れっぱなしにしておく必要があるため、ウォーターサーバーは節電に反すると考えられがちですが、実はプラス面もあるのです。というのも、市販のミネラルウォーターを冷やすためには冷蔵庫を開け閉めしなくてはいけません。その際どうしても電力を消費してしまいますよね。ウォーターサーバーを利用すれば、その分の電力がカットできるということになります。しかも最近のウォーターサーバーには省エネタイプのものもあり、従来型のウォーターサーバーよりも消費電力が50%ほどカットできると言われています。省エネタイプのウォーターサーバーなら節電を意識しながらおいしい水を手軽に取り入れることができそうですね。


業務用浄水器は高い信頼性があります
© 水宅配navi【神奈川県】. All rights reserved.