硬水と軟水

水の味を語る上で見逃せないのが、その水が「硬水」なのか「軟水」なのかという判断です。水が硬いとか軟らかいという表現は何を意味しているのでしょうか?

この水の硬度は、水の中に含まれるミネラルの量を表しています。特に関係してくるのがカルシウムとマグネシウムの量。これを特別な公式に当てはめて「硬度」を算出しています。硬度が高いほどミネラル分が多くなるということです。硬度100を基準に、それ以上を硬水、それ以下を軟水としています。

神奈川県内で飲まれている水はほとんどが軟水です。日本国内で硬水が出るのは沖縄だけです。軟水は飲みやすく、溶け込んでいるミネラルが少ないのでダシもよく取れます。コーヒーやお茶も美味しく淹れることが出来るんです。つまり、クセがないということですから、どんな作業にも適した水ということになります。一方、欧米諸国の水は一般的に硬度の高い硬水であると言われています。飲み水のミネラル分が多いと水分の吸収がしにくくなるため、軟水に慣れた日本人が飲むと下痢をすることがあります。また湯沸しにミネラルが析出して石みたいになることもあります。石鹸も泡立ちが悪くなりますし、ミネラルと石鹸の成分が結合して石鹸カスを作ることもあります。でも悪いことばかりでもありません。煮込み料理などでたんぱく質を灰汁として取り出しやすくなりますし、肉を軟らかくする効果もあります。欧米人は肉をよく食べますから、よく出来ていますね。また、最近は硬水を飲むと下痢をする機構に注目し、便秘解消やダイエット用に硬水を使う場合もあるようです。


市販のミネラルウォーター
© 水宅配navi【神奈川県】. All rights reserved.