水は大切!

水が体にとってとても大切だということは言うまでもないですよね。私たちの体も、60%近くが水分で出来ていると言われています。体を作り上げている細胞一つひとつの健康に、水が大きく関わっているんですね。では、私たちは一日にどれくらいの水分を必要としているのでしょうか?

驚いたことに、私たちは毎日体内から平均2.3Lの水分を失っていると言われています。体重が70kgだとすると、体内水分はその60%の42L、つまり体にある水分の5%以上も毎日失っていることになるのです。でも、体の細胞から出る汚れや老廃物を洗い流して、体の外に出すのが水の役割ですから、水分が体から出て行くこともまた大事です。もちろん、汗で体から排出される水分もありますよね。特に、私たちが寝ている間にかく汗の量は想像以上です。だから、水分をきちんと取り、きっちり出す。この循環をスムーズにすることは健康維持にとても重要なことなのですね。

水分をしっかり取るためには「水を飲む」ことがもちろん大切です。でも、「水を飲む」以外にも私たちは水分を取っているのです。例えば食事によって水分を摂っています。野菜や果物はほとんど水分で出来ていますし、スープなども水分が多いですよね。こうして食事によって毎日0.6Lほどの水分を摂っているようです。さらに栄養分を分解する際にやはり水分が出ます。それでも足りない分を「水を飲む」ことによって補ってあげる必要があります。毎日、1.5~2Lの水を飲むと健康的に生活できるとされています。


相互リンク募集中
© 水宅配navi【神奈川県】. All rights reserved.